スマートフォンのゲームの中で女の子をなでる行為のインパクト

最近はとあるスマートフォンのゲームのCMがよく流れており、そのCMについて色々物議を醸し出しているらしいです。そのCMというのは、画面に出ている二次元の女の子をなでて可愛がることができるということを売りにしている、スマートフォンのゲームのCMのことなのですが、そのなでるという行為を見ていて気持ち悪いと感じたり、不快に感じるといった人が抗議をしているそうですね。
私はこのCMを見ていても別に不快には思わず、それどころかなかなか面白いことをやっているなと好意的だったのですが、世の中には色々な考えの人がいるので、そう感じる人がいるのも仕方が無いのですかね。ただ某ガールフレンドのCMの時などにも思ったのですが、家族と一緒にテレビを見ている時に、このCMが流れると少し気まずくはなりますが。
しかしこのゲームでやっていることは、スマートフォンのゲームにとっての新しい可能性を示したのかもしれませんね。コントローラーを使う携帯ゲームと比べて、基本的には画面をタップすることしかできないスマートフォンのゲームだと、その機能を使ってやれることが限られてしまうのですが、そこを逆転の発想といいますか、画面をなでることによって女の子の頭をなで、それによって好感度を上げていくというのは、思いも寄らなかった発想で素晴らしいと思いました。二次元の世界にはナデポという言葉があるくらい、女の子の頭をなでるという行為には憧れがある人が多く、需要がありますから。これをゲームでできるというのは、人気が出たのも頷けます。まあリアルでこれをやると、下手をすれば逮捕されますし。
スマートフォンのゲームの中でも、女の子を育成する分野のゲームは、女の子のキャラクターのビジュアルが少し変わるだけで、内容は同じようなゲームが多くなっていました。そんな中こんなちょっとしたことでここまでのインパクトを与えることができるのなら、スマートフォンのゲームにはまだまだ無限の可能性があるのかもしれませんね。