女子にオススメなスマートフォンのゲーム

スマートフォンのゲームはたくさんありますが、女子にオススメなゲームと聞かれると困ってしまう人が多いのが現状です。一口に女子と言っても好みは様々で、アニメや漫画が好きな女子もいればそうでない人もいるからです。しかし、女子に人気のあるスマートフォンのゲームの大体の傾向は存在します。まず、何と言っても可愛らしい物が女子に人気です。例えばディズニーキャラクターは女子には大人気なコンテンツです。ディズニーが嫌いな女子はほぼ存在しないと言っても良いくらいです。そのため、ディズニーキャラクターが登場するゲームはいつの時代でも人気なのです。また、課金をしなくても気軽にプレイできるのも人気のヒミツです。課金をしてアイテムを集めて、能力を最大限まで高めて…と言った難しい攻略が必要なゲームは女子には敬遠されてしまいます。パズルゲームのような、特に攻略も必要無く好きな時にプレイできる物が人気を集めています。ディズニーとパズル、この2つの要素を持ったスマートフォンのゲームがあの有名なツムツムです。もちろん、ディズニー以外でも人気のあるスマートフォンのゲームは存在します。例えば、お洒落要素のあるゲームも人気です。俗にいう着せ替えゲームで、衣装を集めて自分のアバターに着せる事が出来るのです。課金を必要とするガチャもありますが、無料でも衣装を集められるシステムになっているので、非課金で損をする事はありません。また、ゲーム内でコンテストなどもあるので、お洒落が好きな女子には堪らないゲームだと思います。他に人気のあるスマートフォンのゲームは、育成ゲームです。可愛いキャラクターを育てるゲームで、本物のペットの様に餌をあげたりスキンシップをする事が出来るのです。住宅事情でペットが飼えない女子にとっては育成要素のあるスマートフォンのゲームは欠かせないのです。このように、女子に人気のあるスマートフォンのゲームは様々です。しかし、このどれもがオススメであるといえます。


ぷよぷよ!!クエストで冒険をしてみよう

ぷよぷよ!!クエストは素晴らしい冒険的体験を提供してくれるスマホゲームであると言っていいでしょう。冒険とはやはり竜とかがいなければならない、泡だけの世界で冒険などないのではないか、というような通念が広がっているのではないかと危惧しております。もし、竜がいなければ冒険がないというのであれば、世界のどこに行っても竜などいないわけですから、冒険などこの世の中にはないということになってしまうでしょう。「羊をめぐる冒険」など冒険ではないということになります。
もっとも「羊をめぐる冒険」が冒険というのに値するかという点については疑義を表明しておいてもいいでしょう。たしかに、巻き込まれるだけで、ほとんど主人公がいかなる活動をしたのかさえよく分からないと言わざるを得ません。しかし、この作品はビッグスリープ(大いなる眠り)とかけて、「ビッグシープ」などと呼ばれているようであり、やはり偉大な作品ではあるというべきでありましょう。このような作品を執筆するということが冒険であるということだけは否定できないのではないかと思われます。
そして、ぷよぷよ!!クエストは、泡だけの世界で冒険がありうるというような思想を表明してるのではないでしょうか。泡という概念を中心とした大著もないわけではありません。「シニカル理性批判」といったものの延長にそのような思想が出てきたようですが、それでいいのかと思わなくもないでしょう。
そういう大哲学というものの時代ではないということはおそらくは誰にも否定できないのではないでしょうか。デリダなんかも晩年あんなに細切れの著書ばかり刊行していたのは、もうそのような大哲学書の時代ではないというように割り切っていたからであると言われております。そんなふうに言われますと悲しいことではありますが、アガンベンとかをありがたがるようなことはできそうにないので、そういうふうに考えざるを得なくなっているのかもしれません。


時間が経過するのが忘れるほど面白いスマホゲーム

スマホゲームには、熱中度に関する特徴があります。気が付いてみれば、相当な程度の時間が経過している事は、案外と多いのですね。
実際この間も、私がそのような経験をしました。つい徹夜をしてしまったのですね。
私がその時にプレイしたゲームは、いわゆるテーブルゲームになります。多くの方々が熱中しているゲームの1つなのですが、そのゲームの中毒度はかなり高いと思います。
確か私がその日にそのゲームをプレイした時間は、夜中の22時頃だったと思うのです。それでそのスマホゲームに、完全に没頭しました。つい時間が経つの忘れるほど没頭してしまった訳ですが、ある時にふと時計を見てみたのです。何と時計を見たら、真夜中の4時頃になっていたのですね。正直その時刻を見た瞬間に、私は目を疑ってしまいました。
実はそのような経験をしたのは、1回や2回ではありません。スマホゲームは本当に熱中度は高いので、気が付けばそれくらいの時間が経過しているのは、決して珍しくないのですね。
そこまで熱中する事ができるのは、やはりゲームの面白さだと思います。そもそもゲームが単調なものであれば、私はそこまで集中する事ができていないと思います。昔から私は集中力は余り強い方ではないので、恐らく途中で飽きてしまっているでしょう。ところが現実には、上記のような状況になっている訳ですから、いかにそのスマホゲームの中毒度は高いことだけは確実でしょう。
ある意味それは、スマホゲームの魅力の1つだと思います。何かに熱中する事ができるのは、なかなか良いことだと思うのです。
思えば日常生活で、ちょっと退屈してしまっている方も、私たちの身の回りで何名か見かけます。何か面白いものはないだろうかと、色々探している方も見られるのですね。そのような方々などは、一度はスマホゲームをプレイしてみると良いのではないでしょうか。時間が経つの忘れて、つい徹夜をするくらいですから、少なくとも1回はプレイする価値があると思います。


簡単ゲームはそろそろ飽きられているかも

スマートフォンのゲームアプリはもう、掃いて捨てるほどの数がリリースされています。これはいっときのプレイステーションのころを彷彿させてくれますね。プレイステーションといっても、初代や2代目の話であって、3代目とか4代目のプレイステーションではないことを念の為に書いておきますね。

さて、スマホゲーの数が星の数ほど生まれていますが、生き残っているタイトルといえば、基本的にシンプルながらもやり込み要素が満載のゲームアプリという感じがしますね。単純過ぎるゲームは、そろそろユーザー離れが進んでいる傾向にあるといっても過言ではないですね。やっぱりライトゲーマーなスマホユーザーといっても、どんどんこなれてきますから、やれるゲームはシンプルだけでは物足りないというようになってくるんですね。

だからこそ、シンプルでありながらも、多少のやりこみ要素が無いと、なかなか爆発的なロングヒットセラーに繋がらないという状況になってきています。もちろん、ゲームメーカーもそんな流れは汲みとっているところが多く、あれやこれやと試行錯誤のあとが見られますが、まだどうも、シンプルさと単純すぎる境目が、うまく折り合いをつけられていないところが多いですね。どちらかというと、まだまだスマホ層のゲーマーは軽んじられている、わけではないかもしれませんが、潜在的には軽く見られているかもしれないですね。

でも思い出していただきたいのが、ブラウザーゲームの歴史の変遷ですよ。ブラウザーゲームもいわゆる課金ガチャで、とにかく、ユーザーにお金を使わせまくって射幸心を煽りまくっていたわけですが、今もそういうブラゲーは存在しているものの、完全な下火なんですよね。スマホユーザーも近いうちに経験を積んで、本当に良いゲームというものを自分で判断できるようになるため、もっともっと、ゲーム性を追求しまくっておくことに越したことはないのではないでしょうか。まだまだ甘いゲームメーカーが多いです。


スマートフォンのゲームはお金をかけずに楽しく遊ぶだけです。

ガラケーからスマートフォンに変えてから生活がぐっと便利になりました。
日々の家計簿、体重、予定管理を全部ひとまとめに携帯電話に入れておけること、どこからでもインターネットができること、ありがたいことです。
万が一家のパソコンが故障しても不便がないように、仕事に差し支えがないようにと保険代わりに持っておこうぐらいにしか最初は思っていませんでした。
画面が小さいので家にいる時はパソコンばかりですからそんなに依存はしないだろうと思っていたのが大間違いでした。
スマートフォンのゲームに夢中になってしまいました。
まさかこの年になって自分がゲームばかりするなんてとも思いますが、悪いことばかりではありません。
ちょっとした空き時間、ストレス解消に数分間ゲームをするだけで何となく満足感というかちょっと遊びを取り入れるというのは案外いいものでした。
スマートフォンのゲームはある程度進めていくと、お金をかけてアイテムなどを購入しないとクリアしにくくできているものがほとんどです。
いわゆる課金ですが、これをしすぎると翌月の携帯料金がはね上がってビックリ!ということになります。
最初の頃はディズニーツムツムで何度も遊びたくて課金してしまいましたが、今はほかに何種類か興味のあるゲームをインストールしてローテーションを組んで遊ぶようにしています。
勝手に「課金対策」と名づけていますが、要は一つのゲームに集中しすぎないというのが目的です。
いいところでゲームができない、無料で遊べるまで回復時間がかかる、その間につい課金しようかなという誘惑がおそってくるものです。
それを防ぐには、別のゲームをして時間を稼ぐだけです。
まあそこまでしてゲームしなくてもと自分でも思いますが、2つ、3つゲームをしているうちに疲れてくるし別の用事や仕事もしなきゃとなるので、ちょうどいい感じです。
おかげで今はほとんど課金はしないでそれぞれのゲームを楽しくしています。


無課金で長く遊ぶ方法・リセマラ

つい熱くなって課金してしまうスマホゲーム。
グーグルでは月末の決済に影響が出るほどだと言います。なんとGoogleの決済インフラが詰まってしまうほどの「パズドラ・エフェクト」があったとのことです。
ただ、無課金で遊び続けているユーザーもいるのです。
無課金だと、なかなか良いアイテムが手に入らなかったりしますよね。
それは「リセマラ」で解決しましょう。
根気が必要ではありますが、強いキャラクターに当たるまでインストールとアンインストールを繰り返せば良いのです。

例えばモンスターストライクの場合のランキングです。

Sランクキャラクター「ルシファー」

A+ランクキャラクター「卑弥呼」「天草四郎」「ナポレオン」「坂本竜馬」「アトス」「孫悟空」「ユクドラシル」「ロミオ」「シンドバッド」

Aランクキャラター「アポロ」「ノブナガX」「上杉謙信」「アポロX」「ギムレット」「おりょう」「ウリエル」「劉備」「ハーレーX」

B+ランクキャラクター「ヘラクレス」「茨木童子」「チンギス・ハン」「アラミス」「蒲公英」「ヴェルダンディ」「テキーラ」「怪傑ゾロ」「ノブナガ」「源義経」

Bランクキャラクター「ギルガメッシュ」「クレオパトラ」「関羽」「シェヘラザード」「ビリー・ザ・キッド」「水輝ナナミ」「ジークフリード」「三蔵法師」「ガリバー」

C+ランクキャラクター「デネブ」「ウンディーネ」「武蔵坊弁慶」「ローレライ」「ハンターキング」「機光院チヨ」「アラジン」「西郷隆盛」「ベルフェゴール」

と古今東西のキャラクターが入り乱れているのですが、根気のあるかたはA+ランクのキャラクターが出るまでリセマラを繰り返せばいいわけです。「リセマラ」の「マラ」は「マラソン」の「マラ」ですから。ただ、そこまで根気がないかたはC+ランクまでのキャラクターを手に入れることができれば、それなりに快適にゲームをプレイすることができると思います。

いかがでしょう。課金しないで強力なキャラクターを手に入れる方法もあるのです。


スマートフォンのサービスを成長させようとする動き

携帯電話は様々な用途を目的に開発されています。例えば親が小さい子供に携帯端末を持たせるのは、愛する我が子の安全を確保するためです。何かトラブルが発生した時に連絡手段を備えていれば、役に立つ可能性があるので保険代わりになります。青年期に差し掛かった頃の子供が携帯端末を持ちたがるのは、周囲の友人とのコミュニケーションツールだからです。何時でも何処でも気軽に友人と話せるため、友人が豊富な子供ほど有益な道具になります。アルバイトをしようとした時に経営者が携帯電話の番号を知りたがるのは、人手が足りない時に何時でも呼べるようにしたいためです。アルバイトを雇う事は経営側にとって気軽に行えますが、責任感は正社員よりも大きく劣ると言われています。会社員になると携帯電話が無ければ仕事になりません。最近では会社が仕事用の携帯電話を支給するケースが増えています。以上の様に様々な事情が存在しているため、携帯電話の需要は大きいと言えるのです。これほど多目的に利用される電子機器は珍しいと評価されています。だから今後も携帯端末の需要が失われる事は無いと予測されているのです。そして従来型のタイプであるフィーチャーフォンの代わりに、最近ではスマートフォンと呼ばれるタイプの利用者が増え続けています。老若男女に利用されているスマートフォンの特徴は、パソコンと同じくらいの性能を持っており、デスクトップパソコンの代わりに使う人もいる点です。それほど高いスペックを秘めているため、パソコンを使う機会が少ないライトユーザーは、スマートフォンだけで十分という意見を持つ人も少なくありません。そしてフィーチャーフォンとスマートフォンの回線サービスは異なるのです。将来的に回線サービスを提供している企業は、経費削減のためスマートフォンの回線の一本化を目指しています。だからスマートフォンの普及を進めるために、関連サービスを優れたものにしようとしているのです。


ビジネスにおいてスマートフォンは無視できない

 スマートフォンほど「時代の最先端」という言葉がマッチしている物も他にないと私は思います。スマートフォンなくして社会は成り立たないのではないかというくらい人々の生活に浸透していますし、子どもから老人までスマートフォンありきの社会になりつつあります。

 たとえば、新規ビジネスを始めようとしたとき、そこにスマートフォンが絡んでいるケースをとてもよくみかけます。スマートフォンを用いていろいろなことができるというサービスを展開しているビジネスはかなり多く、それはスマートフォンを誰もが所有しているからこそそこにマーケットの可能性を見出しています。

 それが最も顕著なのは、もしかしたらゲーム業界かもしれません。家庭用ゲーム機よりもスマートフォンゲームに慣れ親しんでいる子どもは年々増えており、それとともに市場は急速度で拡大しています。スマートフォンゲームはここ数年で目覚ましい進化を遂げているためそのクオリティーはかなりアップしていますので、他の企業もどんどん参入してきている状態です。スマートフォンゲームにビジネスチャンスを見出している企業は多く、その波はこれからますます強くなりそうな気配です。

 また、男女のマッチングをするアプリ、災害時の帰宅支援マップを表示させるアプリ、ダイエットを手助けアプリ、英会話の訓練アプリなど、さまざまな分野で便利アプリが開発されています、それらはスマートフォンありきで開発されたアプリです。これらのアプリはたとえ有料であっても利用する人が多いため、だからこそ新規ビジネスとして成功しやすいです。

 こうしたスマートフォン向けアプリの開発はまだ手を付けられていない分野があった場合、それを開発すればあっという間に大きな利益をあげることができます。そのためにはアイデアや発想力が求められているわけですが、成し遂げればビジネスで一財産築くことも可能です。ですので、ビジネスにおいてスマートフォンは無視できないのです。


時間が空いた時にスマートフォンでスマホゲーム

年々若者を中心にガラケーからスマートフォンに移行する人が増え続け現在では保有率が6割を超えたようです。
スマートフォンはあらゆる場面で活躍しますからね。外出中にちょっとした調べ物をするときに保有してると非常に便利です。
逆に言い換えるとないと非常に不便ということになります。
なかにはパソコンは必要ないと感じる人もいるのではないでしょうか。
パソコンでしか出来ないことはほとんどないように思います。
しかしパソコンにはパソコンの良さがあるので両方保有するのが最善かもしれません。
最近流行しているのがスマホゲームです。
移動中の電車内や休憩時間に楽しんでる人も多いと思います。
私も昔からゲームは大好きなので当然のようにスマホゲームでも遊んでいます。
スマートフォンの本体だけで遊べるのが良いですよね。ゲームの種類も豊富なので飽きることはありません。
スポーツゲームが大好きで野球ゲームで遊ぶことが多いんですが、グラフィックにしても良くできていると思います。
私はファミコン世代なので昔の古いゲームも知っているのですが技術の進歩には驚かされます。
当時は携帯電話が普及するなんて思ってもいませんでしたし、ましてやインターネットを活用して様々なことができる時代が到来するなんて想像できるわけがありません。
携帯電話で電話をするだけで凄いことだと思ったら、携帯からメールができるようになりました。
そして携帯電話からスマートフォンに移行したわけです。
最初は機能性があまり良くないと思いましたが、慣れればなんてことはありませんでした。
今ではなくてはならない必需品ですね。外出時自宅に忘れていったらもう大変です。
落ち着かなくて不安で不安で。弁当忘れてもスマホ忘れるなといっても過言ではありません。
今思うと学生時代にスマートフォンが普及していたら、全く違った人生になっていたでしょうね。
10年後20年後はさらに技術の向上で現時点で想像できないようなものが普及しているのでしょうね。
そうやって考えるだけで楽しいです。長生きして30年後40年後の世界も見てみたいものです。


ガラケーからスマートフォンにいつ替えるか?

 スマートフォンを持っている人が増えてきても、ガラケーからスマートフォンになかなか変えられないケースもあります。本心ではスマートフォンに変えたいと思っていたとしても、その利用料金がはね上がってしまうことも少なくなく、経済的な余裕なしではスマートフォンを利用することができないです。

 それならばと格安スマートフォンに目を向けてみますが、今度は違う問題が頭に過ぎります。それは、今まで契約してきた大手携帯電話会社を解約し、格安スマートフォンに飛びついて良いのだろうかということです。

 それは長年利用してきたことによる義理や人情ということもありますが、変えることによって予期せぬトラブルに見舞われるのではないかという漠然とした不安感もその理由です。大手携帯電話会社も必死で料金を値下げしてきてはいますが、それでもスマートフォンに替えるとなればやはり利用料金が高くなってしまいます。しかも、料金プランを変更するのに2年縛りだったり、データ通信料だったり、通話定額プランだったりなど複雑な料金体系を網羅しなければならず、それを考えたくないがために「ガラケーのままでいいや」となってしまうこともあります。

 また、ゲーム好きな人ですと、ガラケーからスマートフォンに替えていろいろなゲームを楽しんでみたいと考えます。ただ、ゲームのためだけにモバイル端末にかけるお金を多くするわけにもいきませんし、お金の余裕が十分でないとスマートフォンに替える踏ん切りはなかなかつかないものです。格安スマートフォンはゲームに不向きともいわれていますが、実際のところはやってみないと何とも言えず、そこがさらに悩ましいところです。

 しかし、この先はガラケーの生産が完全にストップしてしまうというニュースもありますし、それならばどこかのタイミングでスマートフォンに替えなければならないです。いまだにガラケーの人はそのタイミングを計りかねているはずで、スマートフォンについてもう少し悩むことになりそうです。