めちゃくちゃハマったテレビゲーム

1人でやるドラゴンクエストやファイナルファンタジーなんかのRPGゲームはもちろん大好きなゲームだ。
それ以上に友達と協力や対戦ができるゲームはもっと好きだった。
最初にハマったのがサッカーゲームのエキサイトステージだ。
当時はJリーグが開幕したばかりでサッカーブームに乗っかってたくさんのサッカーゲームが出ていたけど、これはダントツに面白くて友達と何回遊んだかわからないゲームだ。
最近のサッカーゲームは体力ゲージがあって、走りっぱなしでいることはできないけど、このゲームはもうずーっと走りっぱなし(笑)
ヒールリフトやオーバーヘッドなんかの大技もできて、打てば高確率でゴールできるシュートコースもあった。
当時そのゲームを持っていたのが自分だけで、いち早くそのシュートコースに気が付いて友達との対戦は負けなしだった(笑)
コーナーキックにも高確率で直接ゴールが狙えるコースもあったし、ギリギリでファウルにならないスライディングなんかもあった。
あとは練習モードでドリブルの速さと正確さやシュートの練習ができたりして、練習の総合スコアを友達と競えるモードもよく遊んでた。
いま考えるとメチャクチャなんだけど当時はそれが最高に面白かった。
あとハマったゲームはマリオカート。
グランプリモードの5CCクラス100CCクラスは簡単に優勝できるんだけど、150CCクラスが結構難解で友達と協力して総合1位を取るために頑張ってた。
ドライバーがマリオ・ルイージ・キノピオ・ノコノコ・ピーチ・ヨッシー・クッパ・ドンキーが選べるんだけど、マリオカートなのにマリオが全然使えない(笑)
使えないというかマリオとルイージは初心者向けの操縦しやすいキャラクターで、上級者は加速がつくとトップスピードが速いクッパやドンキーコングを使う。
さらに上級者になるとノコノコやキノピオの小回りが利くドリフトモンスターだ。
あとは風船バトルも面白かった。
これはコースを走る競争ではなくて1対1でカートにつけられた3つの風船をアイテムを使って割るゲーム。
赤と緑の甲羅をぶつけたり、スターで体当たりして風船を割るシンプルなゲーム。
これが意外と白熱して、もう1回もう1回ってやってると夜中になってたりしたなー。
たぶん今やっても面白いと思うから、押し入れから引っ張り出して遊んでみようかな。
今やっても面白い、昔のゲームってすごいね。