Category: 携帯ゲーム事情

姫王と最後の騎士団の真の主人公は誰だ?

話題のスマートフォンゲームの「姫王と最後の騎士団」をプレイしてみれば誰でも立ちどころに分かってしまうものですが、姫王と最後の騎士団の真の姫王はアントワーヌちゃんです。最後の騎士団の看板といえば、一般的にはアインやチコリ、シャリティとなっていますが、このゲーム及びアニメを見れば一目瞭然であるように、アントワーヌちゃんこそが真の主役です。

アントワーヌちゃんはほとんどモブ役と言ってもいいような出番しか与えられていないのですが、それでもその美貌は視聴者に強烈な印象を残し、アントワーヌファンが全国に増殖して収集がつかない事態となっています。物語序盤でスポットライトを浴びたアインやチコリ、シャリティが悪いわけではないのですが、彼女達の魅力を足し算してもアントワーヌちゃん一人で放つ色気には遠く及ばず、アントワーヌちゃんこそが、
姫王と最後の騎士団の真の主役であると言われるのも致し方がないことかと思われます。

物語中盤のアントワーヌちゃんも魅力的で、そのカードをコレクションするために日夜課金に励む人々が少なくないと聞きます。なんといっても、アントワーヌちゃんくらいの姫王になると「甘酒飲んでいるだけなのにすごい色っぽい!」と騎士団の仲間内でも持て囃されるほどの色気の持ち主ですから、ゲームでも人気が出るのは無理もありません。アントワーヌちゃんの趣味は天体観測なのですが、これもまた妙なコノテーションを含んでおり、いろいろと邪気するファンが後を絶たないそうで、姫王というのは様々に誤解されて大変なお仕事だなーと感心してしまいます。

私が「姫王と最後の騎士団」をプレイしているのは、ほとんどアントワーヌちゃんのカードをゲットするためなのですが、最近はやたらとシャリティばかり引き当ててしまって困っています。シャリティも素敵なのですが、アントワーヌファンとしてはアントワーヌのカードが欲しくて欲しくてたまりません。なんとかならないものでしょうか?勿論 姫王と最後の騎士団 攻略に全く興味がないわけではないんですけどね。でもやっぱりみなさん自分の好みのキャラクターを手にしたいっていう気持ちの方が強いんじゃないでしょうか?


スマートフォンのゲームの中で女の子をなでる行為のインパクト

最近はとあるスマートフォンのゲームのCMがよく流れており、そのCMについて色々物議を醸し出しているらしいです。そのCMというのは、画面に出ている二次元の女の子をなでて可愛がることができるということを売りにしている、スマートフォンのゲームのCMのことなのですが、そのなでるという行為を見ていて気持ち悪いと感じたり、不快に感じるといった人が抗議をしているそうですね。
私はこのCMを見ていても別に不快には思わず、それどころかなかなか面白いことをやっているなと好意的だったのですが、世の中には色々な考えの人がいるので、そう感じる人がいるのも仕方が無いのですかね。ただ某ガールフレンドのCMの時などにも思ったのですが、家族と一緒にテレビを見ている時に、このCMが流れると少し気まずくはなりますが。
しかしこのゲームでやっていることは、スマートフォンのゲームにとっての新しい可能性を示したのかもしれませんね。コントローラーを使う携帯ゲームと比べて、基本的には画面をタップすることしかできないスマートフォンのゲームだと、その機能を使ってやれることが限られてしまうのですが、そこを逆転の発想といいますか、画面をなでることによって女の子の頭をなで、それによって好感度を上げていくというのは、思いも寄らなかった発想で素晴らしいと思いました。二次元の世界にはナデポという言葉があるくらい、女の子の頭をなでるという行為には憧れがある人が多く、需要がありますから。これをゲームでできるというのは、人気が出たのも頷けます。まあリアルでこれをやると、下手をすれば逮捕されますし。
スマートフォンのゲームの中でも、女の子を育成する分野のゲームは、女の子のキャラクターのビジュアルが少し変わるだけで、内容は同じようなゲームが多くなっていました。そんな中こんなちょっとしたことでここまでのインパクトを与えることができるのなら、スマートフォンのゲームにはまだまだ無限の可能性があるのかもしれませんね。


アップデート機能でバージョンアップするスマートフォンのゲーム

従来のコンピュータゲームは裏技が存在していました。裏技を使うとコンピュータゲームの難易度が激変する事もあるのです。裏技は開発者が計画的に導入したものではありません。効率的なテストプレイのために実装して解除を忘れる場合や、意図せぬバグとして残っている事もあります。いずれにしても裏技の存在のせいでゲームバランスが崩れる可能性さえあったという事です。しかし昨今のゲームでは裏技が話題に上る事は稀です。理由はバグを残したまま出荷される事がなくなったからではありません。ゲームソフトやハードにアップデート機能が搭載されたからです。出荷後に残されたバグが存在していたとしても、アップデート機能を使えば解消する事が出来ます。アップデートが実装されたのはインターネット回線で接続する事が可能だからです。バグを改善するためのファイル容量は僅かなので、ネットワーク回線を圧迫される事はありません。バグによる裏技が無くなった事は一部のゲームファンにとって残念ですが、アップデート機能のおかげでゲームソフトの寿命を伸ばす事に成功したのは確かです。そしてアップデート機能が有しているのはバグの解消だけではないのです。現代のソフトウェアにはオンラインゲームと呼ばれるものがあります。メーカーによって作られる課金型のスマートフォンのゲームは大半がオンラインゲームです。スマートフォンのゲームはアップデート機能を使って、最新のシステムやステージを実装する事があります。一般的にそれは大型アップデートと呼称されており、オンラインゲームの大きなイベントの一つです。大型アップデートによってキャラクターを流用して、全く新しいシステムで遊ぶ事が出来ます。非常に画期的なシステムで多くのゲームファンが楽しみにしているイベントです。今日におけるスマートフォンのゲームの成功は、アップデート機能が存在しているからだと言われています。ユーザーに様々な楽しみを与えられるアップデート機能が、スマートフォンのゲームを支えている事は間違いありません。


スマートフォンのゲームについて思うことは課金がある

スマートフォンのゲームについて思うことは、基本は無料でゲームが出来ますが、ゲームを有利に進めるためには課金アイテムが必要だということですね。経験値などは普通にすれば時間がかかり成長が遅いのですが、課金アイテムなどを買うと成長率が高くレベルが上がりやすくなることです。これはいいのですがやはりなんでも課金アイテムで有利になるものは困ったことだと思います。お金がたくさんある人の方がゲームを有利に出来るのは仕方がないのかもしれませんが、多くは学生など子供たちなどで金銭的に余裕はないはずです。その中で企業も儲けが必要かもしれませんがなんでも課金アイテムはやり過ぎではないかと思います。金銭的なトラブルが多発していますのでやはり課金アイテムは控えるべきだと思いますね。スマートフォンのゲームについて課金アイテムはある程度は構いませんがやり過ぎは飽きられてしまうのではないかと思います。また対戦ゲームなどでお金がある人の方が強いということでしたら誰もがゲームをやる気が減ってきてしまうのではないでしょうか、誰もが平等でアイテムを取ることで有利に進めるのはいいですが対戦などでアイテムを金額で買って強くして対戦するのは困ったことです。有利な武器などは手に入りにくくボスなどを倒して得られたアイテムは価値がありますので相当な値段がつくはずですね、これを簡単に買ったり売ったりするのはいいとは思いません。やはりゲームは楽しんでいくものですのでゲームが商売になってしまうのは悲しいと思います。ゲームはみんなが楽しんでやるものですのでいつでもどこでもゲームができるスマホは便利ですが無用なトラブルになってしまいますね。スマホでゲームするのですからみんなが楽しくしかも誰とでも仲良くできるようなものが出てきてほしいですね、誰とでも友達のゲームならみんなで頑張ってボスを倒したりして仲良しグループなどして実際にも仲良くなれるような人間関係を発展するようなものになってほしいものですね。


簡単ゲームはそろそろ飽きられているかも

スマートフォンのゲームアプリはもう、掃いて捨てるほどの数がリリースされています。これはいっときのプレイステーションのころを彷彿させてくれますね。プレイステーションといっても、初代や2代目の話であって、3代目とか4代目のプレイステーションではないことを念の為に書いておきますね。

さて、スマホゲーの数が星の数ほど生まれていますが、生き残っているタイトルといえば、基本的にシンプルながらもやり込み要素が満載のゲームアプリという感じがしますね。単純過ぎるゲームは、そろそろユーザー離れが進んでいる傾向にあるといっても過言ではないですね。やっぱりライトゲーマーなスマホユーザーといっても、どんどんこなれてきますから、やれるゲームはシンプルだけでは物足りないというようになってくるんですね。

だからこそ、シンプルでありながらも、多少のやりこみ要素が無いと、なかなか爆発的なロングヒットセラーに繋がらないという状況になってきています。もちろん、ゲームメーカーもそんな流れは汲みとっているところが多く、あれやこれやと試行錯誤のあとが見られますが、まだどうも、シンプルさと単純すぎる境目が、うまく折り合いをつけられていないところが多いですね。どちらかというと、まだまだスマホ層のゲーマーは軽んじられている、わけではないかもしれませんが、潜在的には軽く見られているかもしれないですね。

でも思い出していただきたいのが、ブラウザーゲームの歴史の変遷ですよ。ブラウザーゲームもいわゆる課金ガチャで、とにかく、ユーザーにお金を使わせまくって射幸心を煽りまくっていたわけですが、今もそういうブラゲーは存在しているものの、完全な下火なんですよね。スマホユーザーも近いうちに経験を積んで、本当に良いゲームというものを自分で判断できるようになるため、もっともっと、ゲーム性を追求しまくっておくことに越したことはないのではないでしょうか。まだまだ甘いゲームメーカーが多いです。


スマートフォンのゲームはお金をかけずに楽しく遊ぶだけです。

ガラケーからスマートフォンに変えてから生活がぐっと便利になりました。
日々の家計簿、体重、予定管理を全部ひとまとめに携帯電話に入れておけること、どこからでもインターネットができること、ありがたいことです。
万が一家のパソコンが故障しても不便がないように、仕事に差し支えがないようにと保険代わりに持っておこうぐらいにしか最初は思っていませんでした。
画面が小さいので家にいる時はパソコンばかりですからそんなに依存はしないだろうと思っていたのが大間違いでした。
スマートフォンのゲームに夢中になってしまいました。
まさかこの年になって自分がゲームばかりするなんてとも思いますが、悪いことばかりではありません。
ちょっとした空き時間、ストレス解消に数分間ゲームをするだけで何となく満足感というかちょっと遊びを取り入れるというのは案外いいものでした。
スマートフォンのゲームはある程度進めていくと、お金をかけてアイテムなどを購入しないとクリアしにくくできているものがほとんどです。
いわゆる課金ですが、これをしすぎると翌月の携帯料金がはね上がってビックリ!ということになります。
最初の頃はディズニーツムツムで何度も遊びたくて課金してしまいましたが、今はほかに何種類か興味のあるゲームをインストールしてローテーションを組んで遊ぶようにしています。
勝手に「課金対策」と名づけていますが、要は一つのゲームに集中しすぎないというのが目的です。
いいところでゲームができない、無料で遊べるまで回復時間がかかる、その間につい課金しようかなという誘惑がおそってくるものです。
それを防ぐには、別のゲームをして時間を稼ぐだけです。
まあそこまでしてゲームしなくてもと自分でも思いますが、2つ、3つゲームをしているうちに疲れてくるし別の用事や仕事もしなきゃとなるので、ちょうどいい感じです。
おかげで今はほとんど課金はしないでそれぞれのゲームを楽しくしています。


ビジネスにおいてスマートフォンは無視できない

 スマートフォンほど「時代の最先端」という言葉がマッチしている物も他にないと私は思います。スマートフォンなくして社会は成り立たないのではないかというくらい人々の生活に浸透していますし、子どもから老人までスマートフォンありきの社会になりつつあります。

 たとえば、新規ビジネスを始めようとしたとき、そこにスマートフォンが絡んでいるケースをとてもよくみかけます。スマートフォンを用いていろいろなことができるというサービスを展開しているビジネスはかなり多く、それはスマートフォンを誰もが所有しているからこそそこにマーケットの可能性を見出しています。

 それが最も顕著なのは、もしかしたらゲーム業界かもしれません。家庭用ゲーム機よりもスマートフォンゲームに慣れ親しんでいる子どもは年々増えており、それとともに市場は急速度で拡大しています。スマートフォンゲームはここ数年で目覚ましい進化を遂げているためそのクオリティーはかなりアップしていますので、他の企業もどんどん参入してきている状態です。スマートフォンゲームにビジネスチャンスを見出している企業は多く、その波はこれからますます強くなりそうな気配です。

 また、男女のマッチングをするアプリ、災害時の帰宅支援マップを表示させるアプリ、ダイエットを手助けアプリ、英会話の訓練アプリなど、さまざまな分野で便利アプリが開発されています、それらはスマートフォンありきで開発されたアプリです。これらのアプリはたとえ有料であっても利用する人が多いため、だからこそ新規ビジネスとして成功しやすいです。

 こうしたスマートフォン向けアプリの開発はまだ手を付けられていない分野があった場合、それを開発すればあっという間に大きな利益をあげることができます。そのためにはアイデアや発想力が求められているわけですが、成し遂げればビジネスで一財産築くことも可能です。ですので、ビジネスにおいてスマートフォンは無視できないのです。


ガラケーからスマートフォンにいつ替えるか?

 スマートフォンを持っている人が増えてきても、ガラケーからスマートフォンになかなか変えられないケースもあります。本心ではスマートフォンに変えたいと思っていたとしても、その利用料金がはね上がってしまうことも少なくなく、経済的な余裕なしではスマートフォンを利用することができないです。

 それならばと格安スマートフォンに目を向けてみますが、今度は違う問題が頭に過ぎります。それは、今まで契約してきた大手携帯電話会社を解約し、格安スマートフォンに飛びついて良いのだろうかということです。

 それは長年利用してきたことによる義理や人情ということもありますが、変えることによって予期せぬトラブルに見舞われるのではないかという漠然とした不安感もその理由です。大手携帯電話会社も必死で料金を値下げしてきてはいますが、それでもスマートフォンに替えるとなればやはり利用料金が高くなってしまいます。しかも、料金プランを変更するのに2年縛りだったり、データ通信料だったり、通話定額プランだったりなど複雑な料金体系を網羅しなければならず、それを考えたくないがために「ガラケーのままでいいや」となってしまうこともあります。

 また、ゲーム好きな人ですと、ガラケーからスマートフォンに替えていろいろなゲームを楽しんでみたいと考えます。ただ、ゲームのためだけにモバイル端末にかけるお金を多くするわけにもいきませんし、お金の余裕が十分でないとスマートフォンに替える踏ん切りはなかなかつかないものです。格安スマートフォンはゲームに不向きともいわれていますが、実際のところはやってみないと何とも言えず、そこがさらに悩ましいところです。

 しかし、この先はガラケーの生産が完全にストップしてしまうというニュースもありますし、それならばどこかのタイミングでスマートフォンに替えなければならないです。いまだにガラケーの人はそのタイミングを計りかねているはずで、スマートフォンについてもう少し悩むことになりそうです。


スマートフォンのゲーム市場について

従来の携帯電話からスマホ市場が拡大し大変便利な世の中になりました。特にスマートフォンのゲームは昨今多くの企業が進出してきてゲーム機本体としてスマートフォンを媒体のように利用することが当たり前のようになってきました。
テレビCMや広告でもスマートフォンのゲームは大きく取り上げられ人気のあるアプリになれば社会現象にもなるほどです。また提供するスマートフォンのゲーム企業にとりましても一環千金を掴めるチャンスでもありますので、各メーカーともに様々はアイデアを駆使し日々開発に取り組んでいるのが現状です。
スマートフォンのゲーム1つがヒットすれば全くの無名企業でも脚光を浴びることができ業績も大きくなりますし、経営を大きく左右してきますのでどの企業もアプリ開発には力を注いでいます。
スマートフォンのゲームのシステムとしましては一般的には基本料金は無料ですがゲームを進めていく上で効率よくゲームを進めたり特殊なアイテムなどを手に入れたい場合に実際のお金を使って購入するシステムが多くとられています。
所謂課金システムでいかにしてユーザーに課金してもらうのかが企業にとりましては鍵で課金したいと思わせるようなゲームの内容にしなくてはいけません。
ゲームのジャンルはRPG、パズル、シュミレーションなど全てのジャンルを網羅しており無いアプリを探す方が困難となっています。またユーザーの質も年々上がってきており在り来たりなゲームや没頭度では満足できないヘビーユーザーも多く今までにないハマれるスマートフォンのゲーム開発が求められています。
通話、メール、カメラ機能、お財布携帯、本格的な3Dゲームとスマートフォンは進化を続け今日に至っております。
PC同様に年々進化を続けているスマートフォン市場は5年、10年後どうなっているかは分かりませんがユーザーのニーズに応えられるゲームが存在するなら決して市場は縮小することなく活気に満ちあふれたものとなっているでしょう。


スマートフォンで改善してほしい点

スマートフォンが登場してずいぶんと時間が経ちました。スマートフォンが登場してすぐのころは、実質的にはなかなか使いものにならなかったというのが正直な感想でした。それから、スマートフォンが世代交代を続けている内にどんどん良くなっていったのは、考えていたよりもずっと速いスピードがありました。
機械の進化もそうですが、アプリの進化はもっと目を見張るものがあり、使いこなせればスマートフォンは持ち歩くことができるパソコンとしての地位はほとんど確立されているといってもいいでしょう。出始めたころと比べれば格段に使いやすくなっているのも事実ですが、しかし今でも持ち歩けるならばパソコンの方が使いやすいと考えている人も多いでしょう。
スマートフォンでもっとも改善してほしい点はまず、バッテリーの持ち時間の問題です。ある程度長時間の使用をするためには補充用のモバイルバッテリーは必須といっていいくらいです。逆に言えば、いろいろな面でスマートフォンに頼っている場合も多いので、バッテリーがあがってしまってスマートフォンが使えなくなってしまえば非常に困ることもあります。これも以前と比べれば、ずいぶんと改善してきたことは確かのことですが、それでもまだまだ改善の余地を大きいと言わざるをえません。本体の大きさと携帯性とバッテリーのバランスもあるのでしょうが、今のままでは長時間の使用にはちょっと不安が残ってしまいます。
もう一つの改善してほしい点は、文字の打ち込みのスピード感です。パソコンのキーボードになれて、ブラインドタッチなどが得意な人になればなるほど、スマートフォンの文字の打ち込みのスピード感に不満を持つでしょう。ある程度以上の長さの文章を打ち込むとすればかかる時間の差は歴然としてしまいます。もちろん、スマートフォンであっても練習することや、別にモバイルキーボードを使うという手は考えられますが、それでも不満は残ることでしょう。