Category: 今ハマってる携帯ゲーム

重厚なストーリーと簡単操作のファンタジーゲーム

クリスタルを集めて冒険を展開するのが、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴのメインストリートなりますが、これはこのシリーズのお決まりのストーリーとなりますが、奥深い重厚なストーリーが魅力となっており、大人気のシリーズとなっているのです。

そして、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴにおいては、様々なキャラをパーティーに参加させて自分のオリジナルのストーリーを展開できるため、誰を仲間にするのか深く考える必要があります。

このあたりの自分で物語を作っていく展開が今回の魅力であり、より深く書き込まれたストーリーと、多くのキャラが登場する物語が非常に楽しめるゲームとなっているのです。

そして、バトルシステムも従来の剣と魔法のお決まりのパターンだけでなく、仲間が集まればスキルが発動してチェインが発生するため、どのようなキャラで必殺技を繰り出そうか考える楽しみがあるのです。

キャラは、経験を積んで強くなることによって様々なスキルを覚える事になります。将来を見越してどのような必殺技を繰り出そうか考えながらキャラを育てるのが楽しめるのです。勿論FFBE ガチャを回せばキャラクターを増やすことは可能です。召喚ガチャを回すにはラピスってアイテムがひつようみたいですよ。

このように、ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴはストーリーで楽しむ部分と、少しずつキャラが成長して攻撃が多彩になっていく家庭を楽しめるRPGであり、スマホゲームにおいても様々なタイプのゲームがありますが、その中でも群を抜いてストーリーやバトルも楽しめるお勧めのゲームとなっているのです。

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴは、奥深いストーリーでありながら、タップとフリックの簡単操作で様々な技が繰り出せたり、広大なフィールドを冒険出来るので、映画を見ているかのような引き込まれるストーリーも淡々と進めていくことが出来るのです。

特にボス戦の前になると、装備を調えたり必殺技の調整をしたりと、これまでに育てたキャラでどのような大きな技が繰り堕するか悩む事になります。この時間もとても楽しめるのです。


ぷよぷよ!!クエストで冒険をしてみよう

ぷよぷよ!!クエストは素晴らしい冒険的体験を提供してくれるスマホゲームであると言っていいでしょう。冒険とはやはり竜とかがいなければならない、泡だけの世界で冒険などないのではないか、というような通念が広がっているのではないかと危惧しております。もし、竜がいなければ冒険がないというのであれば、世界のどこに行っても竜などいないわけですから、冒険などこの世の中にはないということになってしまうでしょう。「羊をめぐる冒険」など冒険ではないということになります。
もっとも「羊をめぐる冒険」が冒険というのに値するかという点については疑義を表明しておいてもいいでしょう。たしかに、巻き込まれるだけで、ほとんど主人公がいかなる活動をしたのかさえよく分からないと言わざるを得ません。しかし、この作品はビッグスリープ(大いなる眠り)とかけて、「ビッグシープ」などと呼ばれているようであり、やはり偉大な作品ではあるというべきでありましょう。このような作品を執筆するということが冒険であるということだけは否定できないのではないかと思われます。
そして、ぷよぷよ!!クエストは、泡だけの世界で冒険がありうるというような思想を表明してるのではないでしょうか。泡という概念を中心とした大著もないわけではありません。「シニカル理性批判」といったものの延長にそのような思想が出てきたようですが、それでいいのかと思わなくもないでしょう。
そういう大哲学というものの時代ではないということはおそらくは誰にも否定できないのではないでしょうか。デリダなんかも晩年あんなに細切れの著書ばかり刊行していたのは、もうそのような大哲学書の時代ではないというように割り切っていたからであると言われております。そんなふうに言われますと悲しいことではありますが、アガンベンとかをありがたがるようなことはできそうにないので、そういうふうに考えざるを得なくなっているのかもしれません。